推奨されます, 2022

エディターズチョイス

夏のかぎ針編みレースパターンのポンチョのかぎ針編みパターン

外は暖かくなり、着る服は風通しがよくなります。 では、この夏のレース模様のポンチョはいかがですか?

その色で、ポンチョは他の衣服と見事に組み合わせることができます。
写真:DROPSデザインA / S

サイズ:S / M-L / XL-XXL / XXXL

ポンチョにはこれが必要です:

  • GarnstudioのDROPS PARIS(ヤーングループCに属する)、900-1100-1300 gカラー29、ライトアイスブルー(記事の下のマニュアルのPDFで代替品を見つけるため)
  • DROPS CROCHET NO。4.5-または次のステッチサンプルを取得するために必要な針のサイズ:16本の棒と9列=幅10 cm、高さ10 cm

指示に関する注記:

あなたが記事の下で指示のPDFで見つけることができる必要性。

PATTERN:
図A.1からA.5を参照してください。

CROCHET INFO:
ラウンドの始めにある最初の箸を3本のエアステッチで置き換えます。 ラウンドの最初の3回目のラウンドでスライバーステッチ1つでラウンドを終了し、スライバーを弓の中央にかぎ針編みします。

減少のヒント-2つのダブルスティックの折りたたみ:
弓の周りに二重の帯を1つ拾わないでください。ただし、最後に糸を選ぶことはありません(かぎ針編みのフックで2本の縄)、1つのしっかりしたステッチをスキップして、次のループの周りに二重の帯を1つ取ってから、前回とかぎ針編みのフックのすべてのループ引っ張ります。

TIPを増やします:
同じステッチで2本のスティックをかぎ針編みして1本のスティックを増やします。

そして、これはそれがどのように行われるかです:

PONCHO:
ポンチョは、上から下に丸く編まれています。 最初に前部中央、後部中央、および両方の肩で増加し、次に前部および後部中心でのみ増加します。

かぎ針編みのフックNo. 4.5でパリと156-166-166メッシュにキャストし、リングへの空気の最初のループで1ワープステッチで閉じます。 かぎ針編み3ループ-HÄKELINFOを読んでください! その後、次の5-3-3エアメッシュに各1スティック、スキップ* 1メッシュ、次の5エアメッシュに各1スティック*、*から*-*合計25-27-27 x = 130-138-138スティック+ 3ラウンド開始時のエアメッシュ。 メッシュのテイスティングに注意してください!

ラウンドの最初から6つのマーカーを追加します(かぎ針編みなし):ラウンドの最初のスティックで1マーカーをスキップします(つまり、3エアステッチ=バックセンターの後のスティック)、24-26-26スティック、次のスティックで1マーカー(=肩)、14スティックをスキップ、次のスティックに1マーカーを配置(=肩)、24-26-26スティックをスキップ、次のスティックに1マークを配置(=フロントセンター)、24-26-26スティックをスキップ、1マーク次の箸(=肩)で、14本の箸をスキップし、次の箸(=肩)に1つのマーカーを置きます。最後のマーカーとラウンドの開始点の間に24-26-26の箸が残ります。

A.1フォローとしてのハッキング:
1ラウンド目を次のようにかぎ針編みします:A.1Aをマーカー付きの最初/次の箸に入れます(=フロントセンター/バックセンター)、A.1Cは合計12-13-13-13x、A.1Dはマーカー付きの次の箸に入れます(=肩の増加)、A.1Eは合計7回、次の箸でA.1Dをマーカーで使用(=肩の増加)、A.1Eは合計12-13-13 x *、*-*合計2回作業します。
次のように第2ラウンドのかぎ針編み:* A.1A(=フロントセンター/バックセンター)、A.1B、A.1C合計12-13-13 x、A.1D(=肩の増加)、A.1E合計7回仕事、A.1D(=肩の増加)、A.1E合計仕事12-13-13 x、A.1F *、*からの仕事*-*合計2回。 6.-7.-8まで。 A.1のかぎ針編みラウンド。 現在、前部中央の弓と後部中央の弓の間に108-128-132のステッチがあります(=合計216-256-264のステッチ+前後の中央に1つのエアロック)。 作品はかぎ針編みの方向に約8-9-10 cmの長さを持っています(肩の肩の端で測定)

スティック付きラウンド:
箸で1ラウンドかぎ針編みし、2本の箸+ 3本のエアステッチ+ 2本の箸を中心線の周りで行い、同時に箸の数を次のように調整します:S / M-XXL / XXXL:前面中央間の両側に1-1本の棒/バックセンターを増やす(= 2-2スティック)-ヒントを読むL / XL:フロントセンター/リアセンターの間の両側に沿って7本のスティックを取り除く(= 14スティックを取り除く)-ヒントを読む。 現在、前部中央の弓と後部中央の弓の間に113-125-137のステッチがあります(合計で226-250-274のステッチ+前後の中央に1の弓)。
注意:肩を上げるのではなく、ポンチョの前後の中央でのみ行ってください!

A.2 / A.3フォローとしてのハッキング:
* A.3A(=空気の中心線)、A.3Bは3本の棒、A.2(= 12針)は合計9-10-11xの幅、A.3Cは次の2本の棒*、から*- *合計2回動作します。 9回目のラウンドでは、A.3Aの両側に均等に配分された12-24-36箸を増やします(つまり、ラウンドで合計24-48-72棒を増やします)= 145-169-193箸はそれぞれ中央メッシュアーチとエアメッシュアーチの間で後部中央(= 290-338-386スティックの合計+前部および後部中央に1つのエアメッシュ)-増加ヒントをお読みください。
作品は、ストップエッジから約19-20-21 cmのかぎ針編みの長さを持っています。

A.4 / A.5フォローとしてのハッキング:
* A.5A(=中心線)、A.5B、A.4(= 24針)幅6-7-8xで、次のボールにA.5C *、*から*合計2回作品。 A.5の高さがかぎ針編みされたとき、19ラウンドがかぎ針編みされ、次のように20ラウンドがかぎ針編みされました。 (= 24針)幅6-7-8xの合計、A.5F幅7xの合計、A.5G *、*から作業*-*合計2回。 A.4 / A.5の高さがかぎ針編みの場合、前部中央の弓と後部中央の弓の間に211-235-259スティックがあります(=合計422-470-518スティック+エアメッシュの各ループ1つ)前面と背面の中央に)。
作品は、ストップエッジから約46-47-48 cmのかぎ針編みの長さを持っています。

A.1ハッキングの次の2番目と3番目のラウンド:
チャートの第3ラウンドで1つの中央弓とかぎ針編みを開始します。
* A.1A(=中央の四角い弓)、次の四角い弓までのA.1C(最初のラウンドで最後のステッチを1ラウンドのみかぎ針編み)*、*から合計2回作業。 合計4-8-10ラウンドのかぎ針編みまで、ラウンド2と3を繰り返します。
作品は、ストップエッジから約51-56-59 cmのかぎ針編みの長さを持っています。

スティック付きラウンド:
箸で1ラウンドかぎ針編み、同じ時間に、前部中央/後部中央の両側に均等に7-5-5本の箸を均等に配置(=合計14-10-10本の棒を削除)、次のようにかぎ針編み:* 2本の棒+ 3本のエアステッチ+弓の中央の弓の周りに2本の棒を作り、次に各棒に1本の棒を置き、中央の次の正方形まで各棒の周りに1本の棒を置きます中央の空中アーチ(= 418-490-538スティック+前後の中央に1つのエアロック)。 糸を切る。

A.2 / A.3フォローとしてのハッキング:
* A.3A(=正中線エアメッシュアーチ)、A.3Bで3本の棒、A.2(= 12針)で幅が合計17-20-22、次の2本の棒でA.3C *、から*- *合計2回動作します。
A.2 / A.3の高さがかぎ針編みの場合、前部中央の弓と後部中央の弓の間に229-265-289本の棒があります(= 458-530-578本の棒+各1本フロントおよびリアセンター)。 作品は、ストップエッジから約62-67-70 cmのかぎ針編みの長さを持っています。

RAND:
次のように、ポンチョ全体の最後の1つの端をかぎ針編みします。最初のステッチでスライバーステッチ1つ、* 3ステッチ、2ステッチをスキップ、次のステッチで1ステッチ*、*-*からラウンドの終わりまで繰り返し、スリットステッチで1スリットステッチで仕上げますラウンドの始まりの。 糸を切って縫います。

ダウンロード用のPDF形式の図を含む手順を以下に示します。

Top